オリックス・バファローズ感[日本株成績190730]

本日の株式市況

日経平均 21,709.31 (+92.51)
TOPIX 1,575.58 (+7.01)
東証2部指数 6,686.08 (+9.47)
日経JQ平均 3,471.08 (-6.09)
マザーズ指数 903.28 (+4.13)
東証1部売買代金 2兆850億円

日銀の金融政策決定会合で記入緩和策の現状維持が決まり、上げ幅を縮めるも強い動き。東証1部売買代金は久しぶりに2兆円突破。

持ち株の成績

順位銘柄買/売取得単価株数評価損益前日比評価損益率
1 日シス技術2 (4323)1,614100+6,800-1,200+4.21%
2 セグエ (3968)1,380100+4,200+300+3.04%
3 近鉄エクス (9375)1,565100-6,100+4,800-3.90%
4 日本水産 (1332)761100-5,300+0-6.96%
5 日本ヒューム (5262)821200-22,200+200-13.52%
6 オリックス (8591)1,893100-32,200-9,100-17.01%
7 パナソニック (6752)1140100-21,530+1,550-18.89%
-76,330-3,450-7.64%
10日間評価損益率推移(2019年7月30日)

本日の天気は。持ち株は少しのマイナス。

昨日決算で失望を買ったオリックスが6%近い下げ。昨日の時点で大幅下落は覚悟していたが、思ったより下げて辛い。しかし、近鉄エクスプレスが意外高でダメージを和らげてくれた。下方修正を出してから謎の調子の良さ。

順位変動は近鉄エクスプレス日本水産を抜いて3位、オリックス日本ヒュームをぶち破って6位転落。最下位定着銘柄のパナソニックオリックスの尻尾を捉え始めている。

オリックスはふるさと優待の「米の娘ぶたロースみそ漬け」に期待しましょう…

サイコロナビ (過去11日+未来3日)

コメント

タイトルとURLをコピーしました