オリックスの穴は埋まるも山は作れず[日本株成績190927]

本日の株式市況

日経平均 21,878.90 (-169.34)
TOPIX 1,604.25 (-19.02)
東証2部指数 6,470.69 (-41.73)
日経JQ平均 3,382.80 (-11.73)
マザーズ指数 881.67 (-4.57)
東証1部売買代金 2兆3672億円

指数はALLマイナス。本日は9月末の配当権利落ち日なので配当落ちを考慮したベースでは日経平均は約10円の下落。ほぼ変わらずとなっている。後場は一時314円安まであったようなのでかなり戻している。
欧州中央銀行(ECB)の追加緩和への思惑でユーロが対ドルで2年4カ月ぶり安値をつけ、円高ドル安が進んだことも重しになった。

持ち株の成績

順位銘柄買/売取得単価株数評価損益前日比評価損益率
1 セグエ (3968)1,380100+5,800+6,800+4.20%
2 鉱研工業 (4267)464100+700+200+1.51%
3 近鉄エクス (9375)1,565100-4,900-1,400-3.13%
4 日本ヒューム (5262)821200-11,200+1,800-6.82%
5 オリックス (8591)1,893100-23,800-5,400-12.57%
6 日本水産 (1332)761100-13,700-1,500-18.00%
7 パナソニック (6752)1140100-24,910-1,100-21.85%
8 日シス技術2 (4323)1614100-37,900-3,300-23.48%
-109,910-3,900-10.51%
10日間評価損益率推移(2019年9月27日)

持ち株全体

本日の天気は。踏ん張りきれてはないが及第点といったところ。プラス銘柄が2つあるというのは気持ちがいい。

持ち株個別

オリックスが配当落ち以上に下落。我が心の友だった頃が懐かしい。オリックスが開けた大穴を材料が出たセグエグループが埋めてくれた。

日本ヒュームは本日も好調。誰か大口が買い向かってるのだろうか。

順位変動

大きく上げた2位セグエグループが1位鉱研工業を抜きトップ返り咲き。

EUの先行き不安が増してきている今日この頃。

サイコロナビ (過去11日+未来3日)

コメント

タイトルとURLをコピーしました