日経平均採用銘柄のリンク集とウェブ担当者への提案

日経平均企業サイトへのリンク集株式

前回の記事の材料集めのために日経平均採用銘柄の企業サイトへのリンク集を探しました。株価の一覧は見つけられたのですが、リンク集は見つけらませんでした。「自分が欲しいと思ったものがインターネットで見つからない!」ブロガーにとってこんなチャンスはありません。ということで、企業サイトとIRページへのリンク集を記事にしました。

リンク集だけだと味気ないので、ウェブ担当者の端くれである私が、各社のウェブサイトの中に見つけた気になる点を生意気ながらも「変えた方がいいんじゃないですか?」と提案させていただきます。ブロガーの方にもちょっとだけ役立つかもしれません。

日経平均採用銘柄のリンク集

説明は何も要りますまい。ちなみに日経平均はナマモノですので、構成銘柄は入れ替わります。今回のリンク集は、2019年12月22日時点のものです。

一番厳しいと思われるChromeでhttps接続した際に警告が出るものはhttp接続でのリンクとしています

スマホの方は、フリックで表を左右に動かせます。

コード銘柄名企業サイトトップIRページ
1332日本水産リンクリンク
1333マルハニチロリンクリンク
1605国際石油開発帝石リンクリンク
1721コムシスホールディングスリンクリンク
1801大成建設リンクリンク
1802大林組リンクリンク
1803清水建設リンクリンク
1808長谷工コーポレーションリンクリンク
1812鹿島リンクリンク
1925大和ハウス工業リンクリンク
1928積水ハウスリンクリンク
1963日揮ホールディングスリンクリンク
2002日清製粉グループ本社リンクリンク
2269明治ホールディングスリンクリンク
2282日本ハムリンクリンク
2413エムスリーリンクリンク
2432ディー・エヌ・エーリンクリンク
2501サッポロホールディングスリンクリンク
2502アサヒグループホールディングスリンクリンク
2503キリンホールディングスリンクリンク
2531宝ホールディングスリンクリンク
2768双日リンクリンク
2801キッコーマンリンクリンク
2802味の素リンクリンク
2871ニチレイリンクリンク
2914JTリンクリンク
3086J.フロント リテイリングリンクリンク
3099三越伊勢丹ホールディングスリンクリンク
3101東洋紡リンクリンク
3103ユニチカリンクリンク
3105日清紡ホールディングスリンクリンク
3289東急不動産ホールディングスリンクリンク
3382セブン&アイ・ホールディングスリンクリンク
3401帝人リンクリンク
3402東レリンクリンク
3405クラレリンクリンク
3407旭化成リンクリンク
3436SUMCOリンクリンク
3861王子ホールディングスリンクリンク
3863日本製紙リンクリンク
4004昭和電工リンクリンク
4005住友化学リンクリンク
4021日産化学リンクリンク
4042東ソーリンクリンク
4043トクヤマリンクリンク
4061デンカリンクリンク
4063信越化学工業リンクリンク
4151協和キリンリンクリンク
4183三井化学リンクリンク
4188三菱ケミカルホールディングスリンクリンク
4208宇部興産リンクリンク
4272日本化薬リンクリンク
4324電通リンクリンク
4452花王リンクリンク
4502武田薬品工業リンクリンク
4503アステラス製薬リンクリンク
4506大日本住友製薬リンクリンク
4507塩野義製薬リンクリンク
4519中外製薬リンクリンク
4523エーザイリンクリンク
4543テルモリンクリンク
4568第一三共リンクリンク
4578大塚ホールディングスリンクリンク
4631DICリンクリンク
4689Zホールディングスリンクリンク
4704トレンドマイクロリンクリンク
4751サイバーエージェントリンクリンク
4755楽天リンクリンク
4901富士フイルムホールディングスリンクリンク
4902コニカミノルタリンクリンク
4911資生堂リンクリンク
5019出光興産リンクリンク
5020JXTGホールディングスリンクリンク
5101横浜ゴムリンクリンク
5108ブリヂストンリンクリンク
5201AGCリンクリンク
5202日本板硝子リンクリンク
5214日本電気硝子リンクリンク
5232住友大阪セメントリンクリンク
5233太平洋セメントリンクリンク
5301東海カーボンリンクリンク
5332TOTOリンクリンク
5333日本ガイシリンクリンク
5401日本製鉄リンクリンク
5406神戸製鋼所リンクリンク
5411ジェイ エフ イー ホールディングスリンクリンク
5541大平洋金属リンクリンク
5631日本製鋼所リンクリンク
5703日本軽金属ホールディングスリンクリンク
5706三井金属リンクリンク
5707東邦亜鉛リンクリンク
5711三菱マテリアルリンクリンク
5713住友金属鉱山リンクリンク
5714DOWAホールディングスリンクリンク
5801古河電気工業リンクリンク
5802住友電気工業リンクリンク
5803フジクラリンクリンク
5901東洋製罐グループホールディングスリンクリンク
6098リクルートホールディングスリンクリンク
6103オークマリンクリンク
6113アマダホールディングスリンクリンク
6178日本郵政リンクリンク
6301コマツリンクリンク
6302住友重機械工業リンクリンク
6305日立建機リンクリンク
6326クボタリンクリンク
6361荏原リンクリンク
6367ダイキン工業リンクリンク
6471日本精工リンクリンク
6472NTNリンクリンク
6473ジェイテクトリンクリンク
6479ミネベアミツミリンクリンク
6501日立製作所リンクリンク
6503三菱電機リンクリンク
6504富士電機リンクリンク
6506安川電機リンクリンク
6645オムロンリンクリンク
6674ジーエス・ユアサ コーポレーションリンクリンク
6701NECリンクリンク
6702富士通リンクリンク
6703OKIリンクリンク
6724セイコーエプソンリンクリンク
6752パナソニックリンクリンク
6758ソニーリンクリンク
6762TDKリンクリンク
6770アルプスアルパインリンクリンク
6841横河電機リンクリンク
6857アドバンテストリンクリンク
6902デンソーリンクリンク
6952カシオ計算機リンクリンク
6954ファナックリンクリンク
6971京セラリンクリンク
6976太陽誘電リンクリンク
6988日東電工リンクリンク
7003三井E&Sホールディングスリンクリンク
7004日立造船リンクリンク
7011三菱重工業リンクリンク
7012川崎重工業リンクリンク
7013IHIリンクリンク
7186コンコルディア・フィナンシャルグループリンクリンク
7201日産自動車リンクリンク
7202いすゞ自動車リンクリンク
7203トヨタ自動車リンクリンク
7205日野自動車リンクリンク
7211三菱自動車リンクリンク
7261マツダリンクリンク
7267ホンダリンクリンク
7269スズキリンクリンク
7270SUBARUリンクリンク
7272ヤマハ発動機リンクリンク
7731ニコンリンクリンク
7733オリンパスリンクリンク
7735SCREENホールディングスリンクリンク
7751キヤノンリンクリンク
7752リコーリンクリンク
7762シチズン時計リンクリンク
7832バンナムリンクリンク
7911凸版印刷リンクリンク
7912大日本印刷リンクリンク
7951ヤマハリンクリンク
8001伊藤忠商事リンクリンク
8002丸紅リンクリンク
8015豊田通商リンクリンク
8028ファミリーマートリンクリンク
8031三井物産リンクリンク
8035東京エレクトロンリンクリンク
8053住友商事リンクリンク
8058三菱商事リンクリンク
8233高島屋リンクリンク
8252丸井グループリンクリンク
8253クレディセゾンリンクリンク
8267イオンリンクリンク
8303新生銀行リンクリンク
8304あおぞら銀行リンクリンク
8306三菱UFJフィナンシャル・グループリンクリンク
8308りそなホールディングスリンクリンク
8309三井住友トラスト・ホールディングスリンクリンク
8316三井住友フィナンシャルグループリンクリンク
8331千葉銀行リンクリンク
8354ふくおかフィナンシャルグループリンクリンク
8355静岡銀行リンクリンク
8411みずほフィナンシャルグループリンクリンク
8601大和証券グループ本社リンクリンク
8604野村ホールディングスリンクリンク
8628松井証券リンクリンク
8630SOMPOホールディングスリンクリンク
8725MS&ADホールディングスリンクリンク
8729ソニーフィナンシャルホールディングスリンクリンク
8750第一生命ホールディングスリンクリンク
8766東京海上ホールディングスリンクリンク
8795T&Dホールディングスリンクリンク
8801三井不動産リンクリンク
8802三菱地所リンクリンク
8804東京建物リンクリンク
8830住友不動産リンクリンク
9001東武鉄道リンクリンク
9005東急リンクリンク
9007小田急電鉄リンクリンク
9008京王電鉄リンクリンク
9009京成電鉄リンクリンク
9020東日本旅客鉄道リンクリンク
9021西日本旅客鉄道リンクリンク
9022東海旅客鉄道リンクリンク
9062日本通運リンクリンク
9064ヤマトホールディングスリンクリンク
9101日本郵船リンクリンク
9104商船三井リンクリンク
9107川崎汽船リンクリンク
9202ANAホールディングスリンクリンク
9301三菱倉庫リンクリンク
9412スカパーJSATホールディングスリンクリンク
9432日本電信電話リンクリンク
9433KDDIリンクリンク
9437NTTドコモリンクリンク
9501東京電力ホールディングスリンクリンク
9502中部電力リンクリンク
9503関西電力リンクリンク
9531東京ガスリンクリンク
9532大阪ガスリンクリンク
9602東宝リンクリンク
9613NTTデータリンクリンク
9735セコムリンクリンク
9766コナミホールディングスリンクリンク
9983ファーストリテイリングリンクリンク
9984ソフトバンクグループリンクリンク

ウェブ担当者へのノン株主提案

日経平均株価採用銘柄225社のウェブサイトを見て回った(正確には有価証券報告書を探して回った)のですが、ウェブサイトの基本とでも言うべき点が抑えられていないウェブサイトが意外とありました。日経平均採用銘柄は日本の代表である企業が厳選されているにも関わらず、この状況はいかがなものかと感じずにはいられませんでした。

株主でもない私に提案されるのは納得がいかないでしょうが、この場を借りてモノ申させていただきます。弱小ブロガーの戯言とでも思ってもらって結構です。ただ、ここで挙げている部分を押さえられていないウェブサイトはサイトの価値が下がっているということは断言しておきます。ウェブ担当者さん、どうか対応のご検討よろしくお願いいたします。

1. HTTPS接続の件

ウェブサイトのURLの始まりは「http://」と「https://」の2種類があります。文字にすると「s」の有無ですが、あるとないとでは大違い。企業サイトではその対応は必須です。

しかし、日経平均採用銘柄のウェブサイトで対応できていないところがあるんです!信じられないかもしれないが真実です。証明書をインストールしているが、何かしらの不備があるパターン、サイト全体ではなく一部が漏れているパターンもありました。

あと残念なのがきちんと対応はしているのも関わらず「http://」→「https://」のリダイレクトを設置していないケースです。外部からのリンクでsなしで書かれている場合もあるので、忘れずにリダイレクトを設置しましょう。

証明書の不備や色々とリダイレクトが足りていないものが散在しているので正直整理が付けられません。中には「https://」→「http://」のリダイレクトを設置している確信犯も何社かいました。 進む方向間違ってますよ?

2. 有報掲載の件

有価証券報告書、略して有報。これはさすがにほぼすべての企業で掲載がされてました。なんてったって「投資家の投資判断を支援するために作成されている書類」ですからね。ただ、一部には自社サイト内にPDFへのリンクを置かず、EDINETへのリンクとしてあるサイトがありました。

EDINETへのリンクとする対応はまだ許容できるのですが、リンク先がEDINETのトップページなのはいただけません。ユーザーのアクション数を減らすためにせめて自分たちの開示書類一覧のページにしましょう。

有報関連で一番気になったのは「9766 コナミホールディングス」です。こちらのIRページには有価証券報告書の文字がありません。代わりと言っちゃなんですが「米国SEC提出報告書」が置いてあります。更新日2015年10月01日…だまって有価証券報告書を掲載しましょう。

3. PDFのファイルサイズの件

前回の記事で触れましたが、同じような有報でもそのファイルサイズは雲泥の差があります。大きいサイズのものをあげている企業は気にしていないのだと思いますが、ファイルサイズの違いがユーザーへ与える影響は大きいです。ダウンロードがなかなか終わらないときのストレスは相当なものです。是非とも内容だけではなく、ファイルサイズにも気を使いましょう。

4. レトロすぎる件

ウェブサイトにも流行り廃りがあります。レトロを感じられてほっこりする場合もありますが、Flashはいただけません。Flashはやめましょう。Flashだけは。

対象は「5541 大平洋金属」「9983 ファーストリテイリング」です。

なお、Flashをどうしても見たいという方はIEでご覧ください。

5. 指摘しにくい件

225社のウェブサイトを見て回っていてある点に「ん?これは…」ひっかかるサイトがいくつかありました。しかし、非常にセンシティブなところなので指摘してよいかどうか迷いました。PageSpeed Insightsで調べてみて出てきた数値もなんともよろしくなかったので心を鬼にして書かせてもらいます。

重い

ダイエットをした方がいいのではないでしょうか?

対象は「7735 SCREENホールディングス」「4502 武田薬品工業」「9202 ANAホールディングス」です。

SCREENホールディングス
SCREENホールディングスの結果
武田薬品工業
武田薬品工業の結果
ANAホールディングス
ANAホールディングスの結果
  • PageSpeed Insightsのスコアは実行毎に数値が少し変わります
  • 225社すべてでPageSpeed Insightsを実行した結果の下位3社ではなく、あくまで体感でウェブサイトが重かった3社です

あとがき

各社のウェブサイトを見て回る中で色々気になるところはあったのですが、特に気になった5点を指摘させてもらいました。日経平均採用銘柄の企業サイト担当者がこんなブログを見るとは思いませんが、他の企業サイト担当者の目に留まり、少しでも参考になる点があれば嬉しいです。どちらかと言うと基本的なことすぎて全部関係ないという方の方が多いと思います。

企業サイトのトップからIRページへ遷移をするルートですが、95%ぐらいはファーストビューから飛べるようになっていました。IRページも充実していることも多く、昔に比べて株主への情報発信が進んでいるのは間違いないと感じました。

最後にウェブ担当者の皆さんへのメッセージです。企業サイトはこれからのデジタル社会でより存在感を増してくることは間違いないと思います。社内の各方面からやいのやいの言われることも多いことかと思いますが、ウェブサイトの魅力度向上を成し遂げるべく、お仕事頑張ってください!

最後までお読みいただきありがとうございます!
ポチっとな不足解消にご協力くださいm(._.)m

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


株式
\この記事をシェアする/
\クノウをフォローする/
無能投資家の苦悩

コメント

タイトルとURLをコピーしました