ブログ91日ほぼ連続投稿で得た気付きと連続投稿を止める理由

ブログの運営方針変更ブログ

いきなりですが、開設から4ヶ月半ほど経った本ブログですが、ブログの運営方針を変える決断を下しました。

ブログの運営方針

今まで
ヒットを打ちつつ、別枠でホームランを狙う

これから
ヒットを打つのを止めて、ホームランのみを狙う

コツコツとヒットを打つ(投稿を毎日行う)のを止める。そのきっかけとなったのは偶然に放たれたホームランでした。

分かりやすくするためにブログの記事をヒット記事、ホームラン記事、その他の3種類に分類し、ヒット記事とホームラン記事の比較・分析や投稿を毎日行うのを止めた理由を説明していきます。

記事の分類

まずは、記事の3種類(ヒット記事・ホームラン記事・その他)の分類を説明します。

ヒット記事とは

毎営業日に投稿していた投資成績の記事をヒット記事として分類します。

ヒット記事は、日々記事をコツコツと投稿することで得点を狙うための記事です。日々更新することでユーザーに頻繁にアクセスしてもらうことを促します。
私の腕の問題もありますが、残念ながら日々の投資成績の記事をホームランにするのは至難の業でした(本記事ではその可能性はないとします)。

実際の反響に関係なく、日々投稿している記事をヒット記事としています。

ホームラン記事とは

以下の記事を唯一のホームラン記事として分類します。

ホームラン記事は、簡単に言うとバズった記事です。バズることによって多くの新規ユーザーのアクセスが得られます。
ホームラン記事には規模があり、私が経験したものはギリギリでホームランのレベルにすぎません。

長い期間をかけてアクセスを稼いでいく記事はホームラン記事には分類しません。まずバズりがある記事をホームラン記事とします。

その他とは

ヒット記事にもホームラン記事にも当てはまらない記事をその他として分類します。

その他になる記事としては、主に以下の2パターンがあります。

  • 元々ホームランを狙っていない記事
  • ホームランを狙ったけれど三振した記事

「元々ホームランを狙っていない記事ぃ?負け惜しみだろ!」と思われるかもしれませんので、例を挙げておきます。

例えば、以下の記事は元々ホームランは狙わず将来の検索流入を狙って書いています。プログラミング系の記事はほぼこのパターンです。

三振の例は…割愛させていただきます。

データで比較するヒット記事とホームラン記事

次にヒット記事とホームラン記事をデータの面で比較していきます。集計期間は、ブログ開設(2019年6月23日)~最後の投資成績記事の投稿日(2019年11月6日)としました。

記事数とページビュー

記事数、ページビューの分類ごとの割合

まずは、記事数とページビューの関係を見てみます。

ホームラン記事は記事数で見ると全体の1%ですが、ページビューでは全体の46%を占めています。一方のヒット記事は記事数では全体の65%を占めているにも関わらず、ページビューは30%しかありません。記事数当たりのページビューは、ホームラン記事がヒット記事のなんと100倍近くになっています。

4ヶ月半コツコツと地道に書き続けてきたヒット記事のページビューが、ぽっと出の新人であるホームラン記事に余裕で抜かれている状況です。信じがたいですが、データは嘘をつきません(私がチョンボしてなければ)。

ツイッターからの流入

ツイート数、流入数の分類ごとの割合

次にツイッターからの流入を見てみましょう。

先ほどと少し様子が違い、ホームラン記事はツイート数の7%で流入数は27%となっています。一方のヒット記事は、ツイート数の67%に対して流入数が48%です。

流入数で見るとヒット記事が上回っています!ツイート数当たりの流入数で比べると、ホームラン記事がヒット記事の約5倍です。ギャップが大きいと言えば大きいですが、先ほどと比べるとはるかに小さいですね。ホームラン記事は固定ツイートにしていることを考慮すると実質的なギャップはさらに縮まります。この結果から一瞬でTLからツイートが流れてしまうツイッターの世界では、よほどのバズりがない限り流入数増加に繋がらないということが見て取れます。(知名度があれば話は変わってくると思います)

ヒット記事更新のツイートは途中から始めたのでパーセンテージが小さくなっています。そのため、相対的にホームラン記事のパーセンテージが大きくなっています。

ブログ開設から1ヶ月ごとの流入元の推移

ブログ開設から1ヶ月ごとの流入元の割合

最後にブログ開設から1ヶ月ごとに分けた流入元の推移を見ます。なお、5ヶ月目はまるまる1ヶ月ではなく、約半月分での集計です。

主なイベントと発生月は以下のようになっています。

  • 1ヶ月目(6/23):ブログ・ツイッター開始
  • 1ヶ月目(6/24):ヒット記事の投稿開始
  • 2ヶ月目(8/8):ブログ村開始
  • 4ヶ月目(10/9):ツイッターでヒット記事更新のツイートを開始
  • 4ヶ月目(10/21):ホームラン記事を投稿(境目のため、5ヶ月目にも影響あり)

1~5ヶ月目をぱっと見て、ブログ村の存在が大きいことが分かります(体感的にはもっとパーセンテージが高かったですが…)。4ヶ月目はホームラン記事の影響ががっつり入った影響でパーセンテージが減っていますが、その影響が小さくなった5ヶ月目はかなり戻してきています。

(direct) / (none)は不明な流入元に付けられるラベルです。ブックマークからのアクセスやスマホアプリからのアクセスなどが該当します。1ヶ月目が異常に高いところを見ると、自分のアクセスの内の一部が含まれてしまっているような気もします。

はてブ(はてなブックマーク)、グーグルAPIはホームラン記事に対してのみ出現する流入元です。4ヶ月目にがっつりと現れて嵐のように去っていきました。

ツイッターについてはかなりパーセンテージが揺れています。10/9まではほぼ記事についてはツイートしていない状態でしたので、それ以降はなかなか存在感を出せていると見れます。特に5ヶ月目のパーセンテージの高さは目を引く結果になっており、見にきてくれている方が増えているようで嬉しいです。

カテゴリが増えすぎると分かりにくくなるのでその他でまとめましたが、この中にはフェイスブック、ヤホー検索、ニューズピックスなどがありました(流入数は少ないです)。

さて、重要な部分ですので再度ブログ村についてコメントを書いておきます。
ブログ村は上位ランカーでない限りは、記事を投稿した際のブログ村サイトへの新着記事の掲載が主な流入元になります。つまり記事の投稿数がモノを言う世界になっています。今回の決断であるヒット記事を捨てることはブログ村からの流入のかなりの部分を捨てることを意味します。痛みなくして改革なし、改革なくして成長なし!(マズイことになったな…)

ヒット狙いとホームラン狙いのメリット、デメリット

ブログ運営における理想は、「ホームランになる可能性を持ったヒットを毎日打ち続けること」です。

私の場合は、ヒット記事(日々の投資成績)はホームランになり得ないことを悟りました。

私はヒットを捨ててホームラン狙いとすることに決めましたが、ヒット狙いとホームラン狙いのどちらにもメリットとデメリットがあります。ブロガーによってはヒット狙いとした方がよい場合もあると思います。ここでは私のブログを例にしてヒット狙いとホームラン狙いのメリットとデメリットをお伝えします。

ヒット狙いのメリットとデメリット

メリット

  • 更新頻度が決まっているので、ユーザーのルーティンになりやすい
    例えば日本株の投資成績をつけているブログであれば、更新頻度は日本の株式市場の営業日とリンクします。更新頻度が高ければユーザーの日常のルーティンの一部にスッと入り込める可能性があります。
  • 型が決まっていれば記事を書くネタに困らない
    型が決まっているので、その型を利用して中身を入れ替えるだけで記事が完成します。日々の株式投資の成績は、まさに典型的な例です。

デメリット

  • 何があってもブログの更新が必要
    更新頻度ががっちり決まっているので、体調が悪かろうが、時間がなかろうが、旅行中であろうが、基本的に何があってもブログの更新が必要になります。そこに読者がいる限り!
  • 記事の質が落ちがち
    何があっても記事を上げなければならないのですから質の悪い記事が生み出される可能性が高くなります。
  • ホームランにならない記事に時間が取られる
    これは私のブログ特有の問題かもしれませんが、ホームランを狙えない記事に時間が費やされてしまいます。

ホームラン狙いのメリットとデメリット

メリット

  • 時間をかけて質を追求した記事が作れる
    「イマイチだけどこのぐらいでいいや!エイッ!」での投稿はなくなり、時間をかけてじっくりコトコト煮込んだ記事を作ることができます。
  • 毎日更新のプレッシャーがない
    投稿すべき日が決まっていないのでプレッシャーなど感じません。自由の女神ぐらい自由です。

デメリット

  • ホームランを打てず、三振の山を築く可能性がある
    ホームランを狙って記事をじっくり書いているにも関わらず結果がすべて三振。想像するだけで怖いです。
  • ユーザーが更新時期を予想できない
    投稿が不定期なので、ユーザーがたまに見に来ても更新がないことがあります。これが何度か繰り返されると見に来ることすらやってくれなくなる可能性があります。
  • 気が緩みがち
    ダイエットと同じく「明日から頑張る」が通用します。

私がヒットを打つのを止める理由

ブログを始めてみて気付くこと、偶然ホームランを打って気付くこと、いろいろ鑑みた結果としてヒットを打つの止めることにしました。ここでは、その結論に至った主な理由を紹介します。

書きたいことが捌ききれない

ブログを始めるに当たって、コンテンツの軸として考えていたのは投資成績とシストレ(メタトレーダー、トレードステーション)でした。が、現時点でシストレ関連の記事は0です。

いざブログを始めてみると、湯水のようにやりたいこと、書きたいことがあふれ出してきました。時間が経つに連れて書きたいことのストックは増えていっています。そして、日々の投資成績記事作成にかけている時間を他の書きたいことに転用したいと考えるようになりました。

毎営業日更新するのが大変

読む側ではまったく想像できていなかったのですが、大したことを書けていないあの投資成績の記事ですら毎営業日記事を作るのは大変でした。なるべく手をかけずにある程度納得できる質の記事を作ろうとしてきましたが、なかなか折り合いがつけられませんでした。

長めの残業が突発的に発生することもあり、仕事でぐったりしたのちに書くブログは苦しかったです。特にサラリーマンはこの部分が大変だと思います。

ホームランを打つ可能性を上げたい

ホームランを打ってみるまでは、そもそもホームランの威力を知りませんでした。そしてホームランを打つという行為が、手が届く範囲にあるとは思っていませんでした。

もちろん簡単には手が届きません。戦略や運も必要になります。でもどのように発生するかのメカニズムが分かっていれば、完全に手の届かない存在ではなくなっています。

規模の小さいホームランでも、ヒット記事の100倍です。スコアボードに書ききれません。夢があります。

鍵は「記事の質×はてブの活用」です。はてブははてなブログと相性がいいのは当たり前ですが、はてなブロガー以外も積極的に活用すべきツールです。
はてブの活用については、関連する記事を書いてます。

「ヒットを打っている場合じゃねぇ!ホームランを狙うんじゃいっ!」そんな感じです。

投資成績固有の問題

日々の投資成績をエンタメ化するのが難しい

持ち株を対象に日々の値動きと企業のニュースなどを書いていましたが、そんなに毎日起伏がある訳ではありません。ネタが何もない日だってかなりあります。ただでさえエンタメ化するのが難しい投資成績記事のハードルがグンと上がります。

持ち株を増やせば起伏が起こりやすくなりますが、持ち株のニュースを追いきれないという事態に繋がります。ジレンマ半端ない。

投資成績の記事の鮮度は短い

投資成績の記事は鮮度が命です。その日の成績は、鮮度が良くてお客さんも喜びます。前日の成績は、たまに喜ぶお客さんがいます。3日前の成績は、まれに喜ぶ変態がいます。こんな感じではないでしょうか?そして、過去の投資成績記事は検索流入もほぼ見込めません。

鮮度が低くなった記事にも興味を持ってもらうべく、ランキングナビサイコロジカルラインナビを開発しましたが、鮮度を蘇らせることはできませんでした。

大きなポテンシャルを感じられなかった

ワードプレスで知名度0の状態からブログを始めて、約4か月半が経ちました。その間に91個の投資成績記事を書きました。見切りをつけるのは時期尚早かとは思いますが、正直将来的なポテンシャルがあまり感じられませんでした。続けることのメリットとデメリットを天秤にかけて、止めた方がよいという結論になりました。

今後の目標

月間2本のホームラン記事をかっ飛ばす

正直、月に2本のホームラン記事はかなり挑戦的な数字です。しかし、覚悟を決めて選択と集中をすることにしました。背水の陣です。これは東芝的必達目標なのであります!

かと言って次の6ヶ月目から達成するのは困難です。ターゲットとしては3ヶ月の猶予期間を取って9ヶ月目からぐらいが現実的ではないかと思います。

ホームランか三振か。令和のラルフ・ブライアントを目指して突き進むのみです。今のままでは完全なる一発屋。その称号を返上できるかは自分にかかっています。

週に2つ以上の記事を投稿する

毎日更新のノルマがなくなったとたんに更新を全然しなくなる。人間ってそんなもんですよね。パンダも同じです。なので週に2つ以上の記事を投稿することを目標として据えたいと思います。この目標は即時実行です。

まとめ

さて、私が今回ブログの運営方針を変えるに至った理由、伝わりましたでしょうか?正直この変更が吉と出るか凶と出るかは分かりません。でも結果がすべてなので吉となるように頑張るのみです。

ホームランがいいのは、ブログの知名度に関係なくアクセスがくるところです。最初の軌道にうまく乗せることができれば、後は記事の質での勝負に持ち込めます。これは私のようにまったく知名度のないブログ運営者にとってはめちゃくちゃ魅力的です。

ホームランを打つために私がもっとも力を入れるべきは、ファンづくりと露出の増加です。これはツイッターでの活動が肝になると思います。ブログ運営についてもツイートしてますのでお気軽にフォローしてください。

日々の投資成績を見るのが好きだというのがブログを始めた理由の1つでした。ただ、いろいろな状況を鑑みた結果、日々の投資成績を記事にするのを止める決断を下しました。
日々の更新を楽しみにしてくれている人が万が一でもいましたら大変申し訳ないです。そんな方たちのためにも質の高い記事を提供できるように頑張っていきます。

ではでは、これからもよろしくお願いします。

「はてブ」はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました