もう迷わない!「おはよう」「こんにちは」「こんばんわ」使い分けの指針

Tips

みなさん、こんにちは!クノウです。

日本語のあいさつは、朝は「おはようございます」、昼は「こんにちは」、夜は「こんばんは」があります。これらは時間帯によって使い分けが必要なのですが、その境目は非常にあいまいです。

英語の「Hi」のような時間を気にせず使えるあいさつがあればよいのですが、日本語の「よう」にはそこまでの市民権がありません。

そこで上記の3つのあいさつを使い分けて生活をすることになりますが、境目があいまいなためにどっちを言うべきか悩んだことは誰にでもあることと思います。

そんなみなさんに向けてあいさつ使い分けの指針を策定しました。あいさつが時間帯によって変わるという複雑性は逆にチャンスです。ちゃんと時間帯にあったあいさつをすることであいさつされた相手に「こやつ、できるな」と思わせちゃいましょう。
おまけとしてブロガー向けにあいさつ使い分け用のPHPコードも公開しています。

なお、朝の挨拶にはカジュアルな「おはよう」と、気を抜くと噛みがちな「おはようございます」がありますが、本記事では「おはようございます」表記を採用しています。

3つのあいさつ使い分けの指針

早速ではありますが、今回策定した指針をお伝えします。指針は、一般大衆向けのものとワンランク上を目指す人向けの2種類となっています。

一般大衆向けの使い分けの指針

こちらは時間でがっちりと固められています。一度境目となる時間を覚えておくとその後の人生で恒久的に使えます

あいさつの種類使用する時間帯
おはようございます午前4時半~午前10時前
こんにちは午前10時~午後7時前
こんばんは午後7時~午前4時半前

ワンランク上の使い分けの指針

こちらは日の出と日の入りの時刻が絡んできます。時間帯が毎日変わるので、その日のあいさつの時間帯を覚えて一日を始める必要性が出てきます。多少の時間と記憶力の無駄遣いが発生しますが、ワンランク上なので当然と言えば当然です

あいさつの種類使用する時間帯補足
おはようございます午前5:36~午前10:00前日の出時刻-1時間~
こんにちは午前10:00~午後5:29前午前10:00(固定)~
こんばんは午後5:29~翌午前5:36前日の入り時刻+1時間~
※2019年12月06日の時間帯
※日の出、日の入りは東京の時間を使用

明日の分もお伝えすることもできますが、あえてやりません。なぜなら今日に集中してほしいから。先のことを気にする力を是非今日に投入してください。

指針策定の裏側を公開

いきなり指針だと言われて表を見せつけられても納得いかない方がほとんどだと思います。
「なんでそんな時間帯になったんだ!説明しろ!説明責任があるだろう!」という方に向けて指針策定の裏側を特別に公開させていただきます。

ネットで色々調べましたが…

インターネットの海を色々と調べ回って見ましたが、明確な「あいさつは何時から何時までがこんにちはです」みたいな情報はありませんでした。まあ想像通りですね。それが明確になっていれば『「こんにちは」と言ったら「こんばんは」が返ってきて気まずかった』みたいな状況が生まれることはありません。

諦めて眠りにつこうかと思っていたその時、 日本放送協会(NHK)が発信している情報が目に留まりました。

NHKからのヒントを参考に時間帯を考えた

NHKからの情報も明確に伝えてくれているものではありません。云わばヒントのようなものです。そこから私が独断と偏見で時間帯を決定しました。

NHKの放送文化研究所のウェブページの中に「最近気になる放送用語」というコーナーがあり、放送で気になることはの疑問をときほぐしてくれるお得な知識を提供してくれています。

その中に以下の2つの疑問が書かれていました。

  • 「おはようございます」何時まで?
  • 「こんばんは」何時から?

なんというどんぴしゃ!この2つの情報を軸に時間帯を分割していきます。

「こんにちは」を使う時間帯

「おはようございます」何時まで? の疑問からは以下のヒントが得られました。

午前9時に「おはようございます」とあいさつをしてもよいと考える人は全体の9割程度です。ほとんどの人が問題ないと考えている、と言えるでしょう。

ところが午前10時では、3分の2程度の人が「よい」と考える一方で、3分の1を超える人たちが抵抗を感じるような結果が表れています。

NHK放送文化研究所

午前10時の「おはようございます」には抵抗を感じる人が3分の1を超える程度という調査結果は、意外と少ないという感想です。ですが、これが午前11時はどうかとなると抵抗を感じる人は爆発的に増えるのではないかと予想します。そこで独断と偏見により、「こんにちは」は10時から使うことにします

次に「こんばんは」何時から? の疑問からは以下のヒントが得られました

日が沈んでからも、1時間弱程度は「薄明」と言って空がほのかに明るい時間が続きます。この「薄明」の時間帯では、まだ「こんばんは」というあいさつには抵抗があり、日が沈み終わって本格的に暗くなってきてから「こんばんは」と言うのが、一般的な使い方のようです 。

「こんばんは」の使用開始時刻は、あたりの明るさが規準になっているので、「一年中同じ」というわけにはいきません。また、そのニュース・番組を視聴する方々の地域はどこからどこにわたっているのか、ということに気を付けておく必要があるでしょう。

NHK放送文化研究所

「こんばんは」は、日没に深く関係しています。そのため、場所や季節により使用開始の時間が変わってくるということですね。しかし、シンプルにするために一定の時間を考えます。

場所は東京を想定すると、日の入り時間は年平均すると午後6時前後でした。そこから薄明の時間を足して午後7時が目安となるのではないでしょうか。ということで「こんにちは」は午後7時前まで使うことにします

ん?ヒントから「こんにちは」はなんとかできたが、「おはようございます」が何時から?が分からず3つのあいさつがコンプリートできないぞ。見てないBSにまで受信料払ってるのにヒントくれないなんてひどくないですか?

いえいえ、私は気付きました。NHKは「おはようございます」が何時からかもちゃんと情報をくれていましたよ。

「おはようございます」を使う時間帯

「おはようございます」が何時からかのヒントはNHKの番組にありました。そうです、「おはよう日本」です。NHKの放送が始まるのは午前4時から、そして「おはよう日本」が始まるのは午前4時30分(土日は遅い)です。

これは完全なるおはよう案件です。「おはようございます」の時間帯は、午前4時半~午前10時前となりました

「こんばんは」を使う時間帯

「おはようございます」が何時からかが決まったので必然的に「こんばんは」を使う時間帯は決まります。 「こんばんは」の時間帯は、午後7時~午前4時半前です

普通との闘い

指針が策定できてよかったと胸をなでておろしたときに私の頭に浮かんだ言葉は「普通過ぎる」という5文字でした。

満足している場合ではない!ワンランク上のブログを目指す私はワンランク上のあいさつの使い分けを追求せねば!

鍵となったのは、 NHK放送文化研究所にて言及されていた日の入りと「こんばんは」の関連性でした。

日が沈んでからも、1時間弱程度は「薄明」と言って空がほのかに明るい時間が続きます。この「薄明」の時間帯では、まだ「こんばんは」というあいさつには抵抗があり、日が沈み終わって本格的に暗くなってきてから「こんばんは」と言うのが、一般的な使い方のようです 。

NHK放送文化研究所

日の入りの時間を使い分けの指針に取り入れたらそれはもうワンランク上、ひょっとしたらツウランク上ではないかと気づいたのです。

さらにこの周りの明るさによるあいさつの受け入れにくさの概念は「おはようございます」にも適用できます。調べてみるとこの「薄明」という現象は日の出前にもありました。

「おはようございます」の開始時間は日の出時刻の1時間前。

はい、スリイランク上が確定しました!こうやって (控えめに言って) ワンランク上の使い分けの指針ができあがりました。

「こんにちは」はまあ特に変える必要はないでしょう(投げやり)。

ブロガー向けPHPコードも公開

さて、あいさつ使い分けの指針ができて、その指針の拠り所となるソースも伝えました。しかし、本ブログはここでは終わりません!ブロガー向けにあいさつ使い分けのPHPコードを大公開です!

一般大衆向けのあいさつ使い分けコード

こちらは時間がきちっと決まっているので簡単です。ユーザーがアクセスした時間に対して指針に出てきた時間を典型的なif文でぶつけていきます。

PHPコード

<?php

  date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

if (strtotime(date('H:i:s')) >= strtotime(date('4:30:00')) 
&amp;&amp; strtotime(date('H:i:s')) < strtotime(date('10:00:00'))) {
  $greet = 'おはようございます';
} elseif (strtotime(date('H:i:s')) < strtotime(date('19:00:00'))) {
  $greet = 'こんにちは';
} else {
  $greet = 'こんばんは';
}

echo $greet;

?>
  • 時間はdate関数を利用します
  • 時間の比較はstrtotimeを利用します

ワンランク上のあいさつ使い分けコード

先にプログラムを用意していたわけではなく、企画ありきで始めたので日の出、日の入りの時刻をどうやって取得するかがネックと思ってました。どっかでAPIでも用意してるだろうと軽く考えていたのですが、そこにはまさかの展開が待ってました。

PHPに存在した変態関数

調べ始めてから数分でPHPに日の出時刻を取得するdate_sunrise関数、 日の入り時刻を取得するdate_senset関数という変態関数が用意されていることが判明しました!標準で用意されているなんて想像だにしませんでしたが、夢ではなく現実でした。

date_sunrise関数、date_sunset関数は調べたい日付と緯度、経度をパラメータで渡すとそれぞれの時刻が返ってきます。

東京以外にお住いの方には非常に申し訳ないですが、今回東京の緯度、経度を使用しています。

東京の日出入は旧東京天文台(東京都港区麻布台。世界測地系で東経 139°44′28.8869″、北緯 35°39′29.1572″) の地平線に太陽の上辺が一致する時刻で、標高の効果は考慮していません。

国立天文台

PHPコード

<?php

  $option = get_query_var('option');

  date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');

  // 緯度
  $latitude = 35.39291572;

  // 経度
  $longitude = 139.44288869;

  if (strtotime(date('H:i:s')) >= strtotime(date("H:i:s", strtotime(date_sunrise(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "-1 hour"))) 
&amp;&amp; strtotime(date('H:i:s')) < strtotime(date('H:i:s', strtotime('10:00:00')))) {
    $greet = 'おはようございます';
  } elseif (strtotime(date('H:i:s')) < strtotime(date("Y-m-d H:i:s", strtotime(date_sunset(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "1 hour")))) {
    $greet = 'こんにちは';
  } else {
    $greet = 'こんばんは';
  }

echo $greet;

?>

ワードプレスユーザーはショートコードにすると便利

ワードプレスをお使いのブロガーは、ショートコードに登録しておくとどの記事でもすぐに使えます。

一般大衆向けとワンランク上のコード、さらに最初に紹介したワンランク上の使い分け表作成コード、さらにさらに検証用コードをお付けしてぜんぶで0円!36回払いにしても0円!分割・金利手数料はクノウが負担します!

ショートコード[say_hi]に引数をつけることで上記の出力が出し分けできます。

[say_hi]
ワンランク上のあいさつを吐くショートコード。
<コード出力結果>
こんにちは

[say_hi general]
一般大衆向けのあいさつを吐くショートコード。
<コード出力結果>
こんにちは

[say_hi 1rankup]
ワンランク上のあいさつ使い分け表を吐くショートコード。
<コード出力結果>

あいさつの種類使用する時間帯補足
おはようございます午前5:36~午前10:00前日の出時刻-1時間~
こんにちは午前10:00~午後5:29前午前10:00(固定)~
こんばんは午後5:29~翌午前5:36前日の入り時刻+1時間~
※2019年12月06日の時間帯
※日の出、日の入りは東京の時間を使用

[say_hi validation]
動作確認用ショートコード。
<コード出力結果>

  • 現在時刻:2019-12-06 17:27:11
  • おはよう開始時刻(日の出時刻-1時間):2019-12-06 05:36:00
  • 日の出時刻:2019-12-06 06:36:00
  • こんにちは開始時刻(固定):10:00:00
  • 日の入り時刻:2019-12-06 16:29:00
  • こんばんは開始時刻(日の入り時刻+1時間):2019-12-06 17:29:00
  • こんばんは開始時刻(日の入り時刻+1時間):2019-12-06 17:29:00
  • 翌日おはよう開始時刻(日の出時刻-1時間):2019-12-07 05:36:00
  • <function.php>(追記)

    function say_hi($option){
      ob_start();
      
      //optionを引数として利用
      set_query_var('option', $option);
      //tmp-user/org_sayhi.phpを実行
      get_template_part('tmp-user/sayhi');
      return ob_get_clean();
    }
    add_shortcode('say_hi', 'say_hi');
    

    万が一の時のためにfunction.phpを編集する際は、バックアップを取ってください。

    get_template_part関数は引数を渡せないのですが、set_query_var関数を使ってショートコードに付与したパラメータを外部ファイルで使えるようにしています。

    <sayhi.php>

    <?php
    
      $option = get_query_var('option');
    
      date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
    
      // 緯度
      $latitude = 35.39291572;
    
      // 経度
      $longitude = 139.44288869;
    
    if ($option[0] == NULL) {
      if (strtotime(date('H:i:s')) >= strtotime(date("H:i:s", strtotime(date_sunrise(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "-1 hour"))) 
      &amp;&amp; strtotime(date('H:i:s')) < strtotime(date('H:i:s', strtotime('10:00:00')))) {
        $greet = 'おはようございます';
      } elseif (strtotime(date('H:i:s')) < strtotime(date("Y-m-d H:i:s", strtotime(date_sunset(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "1 hour")))) {
        $greet = 'こんにちは';
      } else {
        $greet = 'こんばんは';
      }
      
    } else if ($option[0] == 'general') {
      if (strtotime(date('H:i:s')) >= strtotime(date('4:30:00')) &amp;&amp; strtotime(date('H:i:s')) < strtotime(date('10:00:00'))) {
        $greet = 'おはようございます';
      } elseif (strtotime(date('H:i:s')) < strtotime(date('19:00:00'))) {
        $greet = 'こんにちは';
      } else {
        $greet = 'こんばんは';
      }
    } else if ($option[0] == '1rankup') {
      $greet = '<figure class="wp-block-table"><table class=""><tbody><tr><th>あいさつの種類</th><th>使用する時間帯</th><th>補足</th></tr><tr><td>おはようございます</td><td>' 
      . date("A g:i", strtotime(date_sunrise(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "-1 hour")) 
      . '~午前10:00前</td><td>日の出時刻-1時間~</td></tr><tr><td>こんにちは</td><td>午前10:00~' . date("A g:i", strtotime(date_sunset(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "1 hour")) 
      . '前</td><td>午前10:00(固定)~</td></tr><tr><td>こんばんは</td><td>' . date("A g:i", strtotime(date_sunset(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "1 hour")) . '~翌' 
      . date("A g:i", strtotime(date_sunrise(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "-1 hour" . "1 day")) . '前</td><td>日の入り時刻+1時間~ </td></tr></tbody></table><div class="note">※' 
      . date("Y年m月d日", time()) . 'の時間帯<br>※日の出、日の入りは東京の時間を使用</div></figure>';
      
      $greet = str_replace('AM ', '午前', $greet);
      $greet = str_replace('PM ', '午後', $greet);
    } else if ($option[0] == 'validation') {
      $greet = '<ul><li>現在時刻:' . date('Y-m-d H:i:s') . '</li><li>おはよう開始時刻(日の出時刻-1時間):' . date("Y-m-d H:i:s", strtotime(date_sunrise(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "-1 hour")) 
      . '</li><li>日の出時刻:' . date("Y-m-d H:i:s", strtotime(date_sunrise(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude))) 
      . '</li><li>こんにちは開始時刻(固定):10:00:00' 
      . '</li><li>日の入り時刻:' . date("Y-m-d H:i:s", strtotime(date_sunset(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude))) 
      . '</li><li>こんばんは開始時刻(日の入り時刻+1時間):' . date("Y-m-d H:i:s", strtotime(date_sunset(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "1 hour")) 
      . '</li><li>翌日おはよう開始時刻(日の出時刻-1時間):' . date("Y-m-d H:i:s", strtotime(date_sunrise(time(), SUNFUNCS_RET_STRING, $latitude, $longitude) . "-1 hour" . "1 day")) . '</li></ol>';
    } else {
      $greet = 'ナマステ';
    }
    
      echo $greet;
    
    ?>
    

    あとがき

    なんとなくで使い分けている日常のあいさつに一石を投じてみた本記事いかがでしたでしょうか?納得できる使い分けでしたでしょうか?ワンランク上を目指して頑張る方、全力で応援します。

    最後になりましたが、私がブログであいさつをしている数を発表します。
    118記事中、2記事(本記事含む)!

    おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました