決算を受けて日本システム技術が急降下[日本株成績190813]

本日の株式市況

日経平均 20,455.44 (-229.38)
TOPIX 1,486.57 (-17.27)
東証2部指数 6,328.52 (-59.64)
日経JQ平均 3,357.79 (-21.37)
マザーズ指数 862.84 (-8.90)
東証1部売買代金 2兆1822億円

納得のALLマイナス。米中貿易摩擦、香港デモ、円高。役者が揃い踏みの印象を受けるが、ブレクジットを筆頭に控えている役者も豪華なのが見どころ。

持ち株の成績

順位銘柄買/売取得単価株数評価損益前日比評価損益率
1 セグエ (3968)1,380100-7,000-2,100-5.07%
2 日シス技術2 (4323)1,614100-21,900-21,400-13.57%
3 近鉄エクス (9375)1,565100-22,000-4,000-14.06%
4 日本水産 (1332)761100-16,300-1,900-21.42%
5 日本ヒューム (5262)821200-35,200-600-21.44%
6 オリックス (8591)1,893100-41,800-2,350-22.08%
7 パナソニック (6752)1,140100-32,000-1,470-28.07%
-176,200-33,820-17.63%
10日間評価損益率推移(2019年8月13日)

本日の天気は雷雨。台風がやってきたような惨状。当たり前のようにALLマイナス。近いうちに持ち株全体の評価損益率-20%を超えちゃうんじゃないのか。

さてさてさてさて、金曜日に決算発表を終えた日本システム技術へ下った審判は前日比-13.3%の大幅下落。まあ仕方ないですね。寄り底から戻しているのがせめてもの救い。

順位の変動は、1位に長らく君臨していた日本システム情報が2位のセグエグループと入れ替わった。ひそかに5位オリックスと6位日本ヒュームも入れ替わっている。

1位となったセグエグループが引け後に2Qの決算発表。連結経常利益が3億500万円(前年同期比3.7%増)という数字でまあまあな内容だった。

株安だけじゃなくて円高もキツイ

最後までお読みいただきありがとうございます!
清き1クリックをくださいm(._.)m

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


暴騰&暴落日ランキング
(期間:2019/6/24~)
      株式
      \この記事をシェアする/
      \クノウをフォローする/
      無能投資家の苦悩

      コメント

      タイトルとURLをコピーしました